SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一が教える時計回りで円運動が基本のスイングを行う為の約束事とは!?

スウィングは身体をタテに動かすのが正解!

ゴルフスウィングは、時計回りの円運動が基本です。

そのためには、いくつかの動きの“約束”があります。

そのひとつは、テークバックで“左ハンドルを切る”こと。テークバックがフェースが開くような動き、つまり左腕が時計回りに動いてしまうとダウンスウィングが反時計回りの動きになってしまいます。

それを防ぐには、テークバックで左腕を反時計回りに動かす、つまり左にハンドルを回すような意識を持つことが大事になるのです。

もうひとつは、身体のタテ回転。 スウィングはバックスウィングで左肩を下げ、ダウンスウィングでは右肩を下げます。

この動きをヨコ回転の意識で行うと、スウィングになりません。

テークバックで身体をヨコに回すと、ダウンスウィングではクラブが反時計回りに動きミスショットになってしまいます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。