SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

全身を弛緩させるのが本当の脱力ではない!【福田尚也の身体が硬い人の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

お腹に力をためておくのが本当の脱力スウィングです!!

注意したいのは脱力と緩みは違うということ。締めるべき箇所をしっかり締めてヘッドスピードを上げるコツをレッスン。

【脱力のツボ:Point1】
身体の中心に力をためる意識を持てば上体がリラックスする

●全身を弛緩させるのが本当の脱力ではない

脱力スウィングは力を抜くことで身体の回転をスムーズにし、フィニッシュまでクラブを気持ちよく振り切れるようにするためのもの。身体が硬くなった熟年ゴルファーでも身体を回しやすく、ヘッドスピードのアップに大きく役立ちます。カみは脱力スウィングの大敵ですが、身体の全部の力を抜いてしまってもいけません。全身の筋肉を完全に弛緩させては締まりがなく、アドレスがだらしない姿勢となってしまいます。 硬さはなくても動きが安定しにくく、ミスショットの原因となります。

力を抜くべき箇所は抜いて、締めておくべき箇所は締めておく。これが肝心です。締めておくべき箇所とは身体の中心です。 中心を重心ととらえてもOK。ちょうどお腹あたりと考えてください。お腹を少し引っ込ませて、おへソに力をためておく感覚です。そうすれば肩や腕の余分な力が抜けて、アドレスに安定感が生まれます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●福田尚也
1968年神奈川県生まれ。2006年プロ入会。JPGA公認A級ティーチングプロ。2015年PGAティーチングアワード優秀賞受賞。神奈川県を拠点にジュニアゴルファーを中心に多くのアマチュアゴルファーを指導している。