SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

脱力スウィングを体感するための練習法とは!?【福田尚也の身体が硬い人の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

お腹に力をためておくのが本当の脱力スウィングです!!

注意したいのは脱力と緩みは違うということ。締めるべき箇所をしっかり締めてヘッドスピードを上げるコツをレッスン。

【脱力のツボ:ドリル】
アイアンを持ち両手の親指と人差し指を離して素振りしよう

●腕を振らないでお腹を先に回そう

脱力スウィングを体感するための練習法を紹介しましょう。 クラブはドライバーでもいいのですが、少し重く感じられる7番アイアンがオススメ。そして両手の親指と人差し指をグリップから離して持ち、素振りを繰り返します。

この練習の目的はクラブの重さを利用して振るだけでスウィングの形が自然とつくられるのを体感すること。 腕を振らないで、お腹の回転で腕が勝手に振られる感覚を大事にしてスウィングするのがポイントです。

バックスウィングの軌道やトップの形などを気にしすぎると、上体が硬くなってしまいがちです。とくにトップに近づくほど力が入り、切り返しでさらに力んでしまう人が多くいます。

脱力スウィングの理想は振り子のイメージでトップにいくほどパワーがゼロとなり、ダウンスウィング以降はクラブの重さでヘッドスピードがアップすることにあるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●福田尚也
1968年神奈川県生まれ。2006年プロ入会。JPGA公認A級ティーチングプロ。2015年PGAティーチングアワード優秀賞受賞。神奈川県を拠点にジュニアゴルファーを中心に多くのアマチュアゴルファーを指導している。