SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離が出るスウィングはクラブも身体も円運動すべき理由とは!?【チャーリー高沖のCTメソッド】

飛距離が出るスウィングはクラブも身体も円運動

多くのゴルファーは、バックスウィングで通ったクラブヘッドの軌道を、ダウンスウィングでも同じように通ることが正しいと思っていますが、それは効率的ではありません。

飛距離を出すには、クラブヘッドはスウィング中、常に「円く」動かす必要があるのです。

具体的には、クラブは前方から後方に向かって(正面から背中方向)に“後ろ回し”に動かします。

その状態で身体を右から左に回すことで、自然にスウィングの形になりクラブヘッドは加速しながらインパクトを迎え飛距離が伸びるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。