SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離を生むために重要なダウンスウィングのイメージとは?【チャーリー高沖のCTメソッド】

飛距離を生むために重要なダウンスウィングのイメージ

ダウンスウィングの間違いやすい動作は、ボールに向かってクラブを振ろうとしてグリップを直線的に下に動かすことです。

そうではなくて、クラブヘッドで大きな円を描くように切り返しで空に向かってクラブを放り出すイメージを持ちましょう。

切り返しは、右の股関節を支点に身体を右から左に回転させます。

その際、トップの位置から脱力しその後一気に胸を左に回します。

ジャンプをする時、いったん力を抜いてヒザを曲げてから行うイメージと同じです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。