SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛ばせるアドレス3つの鉄則とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト/ゴルフレッスンプラス】

浦大輔の『かっ飛び』インパクト

人気YouTuberプロ浦大輔の飛ばしのレッスン。今回はグリップからバックスウィングまでをじっくり解説。その正しさは浦プロ自身の飛距離で証明済み!浦メソッドでかっ飛ばそう!

【STEP2】アドレス
構えを止めたら飛ばせない!
ワッグルこそがアドレスだ!

●アドレスは静止した状態ではない

次にアドレスですが、まずアドレスを静止した形としてとらえるのをやめてください。 アドレスはワッグルまで含めた動きのあるものだと考えることがとても重要。プロゴルファーのアドレスを見ると、必ずワッグルを止めずにもじもじした状態から始動しているはずです。とくにワッグルでのクラブヘッドの動きは、スウィングアークの大きさを決定する飛ばしの重要なファクター。飛ばしたいなら大きな円弧をイメージできるワッグルを心がけてください。

ワッグルの仕方は人それぞれですが、足踏みをしてその動きに手を連動させる動作が基本です。 足が動いているように見えない人でも、靴の中では足踏み的な動作が生じている場合がほとんどです。そして指先を使ってクラプを動かし、スウィングに備えてください。もちろんアドレスでは身体のポジションも大事。ゴルフは右手が左手よりも下に来るようにグリップしますから、必ず左肩より右肩が下になります。そして骨盤から前傾したお尻の高い構えを作ってください。一度ツマ先立ちになってからカカトをそっと地面につけたくらいの状態で、体重がかなり前めにかかるように意識してください。 また、胸をボールに正対させると上体が左を向きやすいので、ボールが胸よりも左側にある状態で構えるように注意しましょう。

飛ばせるアドレス3つの鉄則

【鉄則1】“右下がり”の形で立つ
右手が左手よりも下に来るぶん右肩が低くなる。飛ばしたいならスタンスを広めにし目線も上げる。

【鉄則2】お尻が高い構えを作る
椅子に座るように尻を下げるのではなく、お尻を持ち上げて股関節から前傾し、懐に空間を作る。

【鉄則3】胸をボールに正対させない
ボール位置が左にあるドライバーでは、胸をボールに正対させると上体が左を向くので注意。

ワッグルのPOINT

【1】指先を使う
クラブを動かすのはワッグルでは足踏み指先。左手の小指側を支点に、右手の親指と人差し指でクラブヘッドを動かすイメージ。ヘッドを低く遠くに動かすことで、大きなアークをイメージしよう。

【2】足踏みをする
ワッグルでは足踏みで下半身を動かすことも大事。イメージしにくい人は、クラブヘッドが動く方向と反対側の足を動かしてみよう。このとき、頭を動かさないように注意しよう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。