SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

左足下がりはクローズに立ってフェースを返さずに打つ!【和田泰朗のキープレフト理論状況別対処法/ゴルフレッスンプラス】

クラフを身体の左にキープすればスウィングは簡単!
キープレフト理論状況別対処法

「キープレフト理論」とは、軸(=身体)の左側にクラブをキープしてスウィングする考えで、クラブという斜めに構えた棒を斜めに振りやすくするメソッドだ。これはクラブや打つ状況が変わっても同じ。

今回はキープレフト理論を応用した傾斜のショットとアプローチを紹介する。

【Scene2:左足下がり】
クローズに立ってフェースを返さずに打つ

●クローズスタンス&オープンショルダー

クローズスタンス&オープンショルダーが左足下がりの構え。フェース面と肩のラインを目標に向け、スタンスだけクローズにします。傾斜と平行に立つので左足に体重がかかります。

ボールの右側が高いためクラブを上から入れるとダフります。 切り返し以降でクラブを倒すイメージをもち傾斜なりに身体を回しましょう。 フェースを返す必要はありません。

左足下がりで上半身が左に傾いているとインパクトで胸が上を向きやすいですが、クローズに立つと左足でスウィングを支えられるので下半身に対して胸郭を水平に回せます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体 WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。著書に『世界が認めた究極のシンプルスイングキープレフト理論」(日本文芸社)がある。