SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ヘッドが加速することで飛距離がUPする“釘打ちドリル”とは!?【三觜喜一の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

三觜喜一が教える飛距離アップ術
どうすれば速く振れるかを教えます!
飛ばしに必要なのはフェースターンとアーリーリース

「飛ばすためには速く振ることだけを考えればいい」と三觜喜一プロは言うが、アマチュアゴルファーとしては身体の動きも気になるところ。そこで、ヘッドが加速しているとき、身体がどんなふうに動いているかを教えてもらった。

クラブを速く振るためのとっておきドリル

●釘打ちドリル

フェース面でボールをとらえるという意識をなくすために、ボールの中心に五寸釘を打ち込むつもりでスウィングするのも効果的。練習場では、ティアップしたボールの手前に、目標を指すような形でゴムティを置き、釘の頭を金槌で打つイメージでスウィングすると速く振れるようになる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。