SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

いいアドレスをするために必要な柔軟性とは!?【中村俊介のコンディショニング講座/ゴルフレッスンプラス】

スウィングづくり前に、まずはカラダづくり! 飛距離アップのためのコンディショニング講座

多くのゴルファーが夢見る飛距離アップ。しかし、いくらツアープロやインストラクターのレッスン記事を熟読し、練習に取り入れても結果が出ない……。記事を何度も何度も読み直すよりも、カラダのコンディショニングを見直してみよう。

股関節をちゃんと使えている?

●前屈でチェックしてみよう

いいアドレスをするためには、モモの裏の柔軟性が必要。足を閉じ、ヒザを伸ばしたままで前屈して、足のツマ先に触れることができれば柔軟性の最低条件クリアとなる。

《指先が足のツマ先に届けば合格》

《足首までしかいかない人は柔軟性不足》

できなかった人へおすすめのストレッチ

モモ裏のストレッチ【No.1】
クラブを背中に当て、頭と背中と腰の3点をつける。足を肩幅に開き、3点がクラブから離れないようにゆっくり前に倒していくと、モモの裏が突っ張っていくのを実感できる。痛みのない範囲でゆっくり倒し、戻す。これを10回繰り返す。

モモ裏のストレッチ【No.2】
寝た状態で足を伸ばし、片足のモモの裏を両手で固定。モモの前に力を入れながら、ヒザをしっかり伸ばす。1回緩め、再びヒザを伸ばす。これを片足10 回ずつ繰り返す。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当