SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに重要なシャフトがしなる感覚を身につけるドリルとは!?【チャーリー高沖のミスしない 打ち方/ゴルフレッスンプラス】

CTメソッドでスライス&フックを“即効”治療!

トップ、ダフリ、難しいアプローチ……CTメソッドなら、どんなミスや状況にも対処できる!

CTメソッド習得DRILL

飛距離アップのためにはシャフトのしなりを使うことが大切になってきますが、具体的なシャフトのしならせ方は、「右ヒジを伸ばす」ことがポイントです。CTメソッドでは右ヒジを伸ばすことが重要です。これをするとシャフトを強くしならせることができます。逆に、右ヒジが曲がるとシャフトをしならせることはできません。自宅でも簡単にできる飛距離アップドリルを紹介しましょう。

【1】右手1本でクラブを持ち、左手でシャフトを握る

【2】右手で押し、左手で引っ張る

【3】そのまま左手だけを離す

【4】その勢いでクラブを振る

【POINT】右手人差し指の付け根にシャフトのしなりを感じよう!

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。

●樋口明美
三重中京大学ゴルフ部出身。国体出場。全米女子プロゴルフ協会会員。YouTube「樋口明美」のチャンネル登録者数3万人。