SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

グリップに正解なし!100人のゴルファーがいれば100通りのグリップがある!

グリップに正解なし!100人のゴルファーがいれば100通りのグリップがある

グリップに関しては、レッスン書などで“基本の形”が紹介されていますが、“正解”はありません。なぜなら、人によって手の可動域が違うからです。そういう点からいうと、「100人のゴルファーがいれば100通りのグリップ」があると言っても過言ではないのです。手の可動域というのは、当然のことながらスウィングにも大きな影響を及ぼします。たとえば私は、内旋は深く入るのに対し外旋の動きが苦手なのですが、このような場合、ヘッドを鋭角に下ろしやすい(シャローイング)けど、鈍角に入れる(シャローアウト)のが難しくなります。誌面では細かいレッスンはできませんが、自分の腕が内旋しやすいのか、それとも外旋しやすいかだけを確認しておくだけでも、自分が目指すべきスウィングが見えてくるはずです。

●基本の形
腕をだらりと下ろした状態。自然に下ろしただけでも、内旋に強いか、外旋に強いかがある程度わかる。

●内旋度のチェック
肩の付け根から上腕を内側に回す。両手とも小指が上にくるぐらい回せれば、内旋の動きには強い証拠。

●外旋度のチェック
肩の付け根から上腕を外側に回す。幡野プロは合格。外旋の動きに弱い人の中には手のひらが上を向かない人も。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー