SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バックスウィングで頭を無理に残すのはNG!頭が動いていい理由とは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!】

バックスウィングでは、頭が動いていい理由とは!?

バックスウィングでは、頭は右足側に動いてもかまいません。頭は無理に残そうとしてはいけません。頭を残そうとする人は、顔を残そうとして、その結果身体の軸が左に傾いてしまい、回転運動ができなくなります。

バックスウィングでは、ドライバーで頭1個分程度、右へ移動するのが目安です。

また、頭は動かしてもいいのですが、右腰は右にスライドさせないで背後に回すことが重要です。

頭が動くため、構えたときよりボールを横から見るイメージが強くなりますが、それで正解です。

では、この動きが身に付く「ひょっこりドリル」を紹介しましょう。

ドライバーを打つときのようにアドレスし、ボールのロゴが目標とは逆に向くように置きます。アドレスでは、ロゴは少し見えている状態ですが、身体を回すとロゴがより多く見えるようになります。

その違いを、このドリルで確かめてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。