SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに繋がる最適なテークバックの開始位置とは!?【菅原大地のサイコースウィング/ゴルフレッスンプラス】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。第2弾となる今回は、スウィング編。「サイコー(=最大効率)スウィング」で飛ばすための身体の動かし方をマスターして、大きな飛距離を手に入れよう。

右足太モモ裏に力を入れることでテークバックを開始する!

●右足に体重が乗れば腰が右に流れない
 どういうきっかけでテークバックをスタートさせるか。〝静〟から〝動〟に移らなければいけないゴルフスウィングにおいて、このきっかけは大事なポイントになります。私がオススメしているのは、右足太モモ裏(ハムストリングス)に力を入れることをきっかけにする方法です。正しい前傾姿勢を取っていれば、構えた時点で右足太モモ裏にはハリがあるはずですが、そこにさらに力を入れる。そうすれば右足に体重が乗り、右サイドに壁ができた状態になって、腰が右に流れるのを防ぐことができるからです。

 

また、テークバックにおける下半身は、クラブが右に動いた瞬間に左に戻るための抵抗を始める必要があるのですが、右足に力を入れることによってその抵抗が生まれ、切り返しからダウンスウィングでの強い蹴りに繋がります。そういう点から言っても、このきっかけはスウィングの成否を決めると言っても過言ではないくらい。しっかり右足太モモ裏に力を入れてから左肩・左胸を回し始めましょう。

●右サイドの壁が大きな捻転差を生み、ダウンでも強く蹴ることができる
 右サイドの壁が崩れなければ上半身と下半身との捻転差も大きくなり、右足の蹴りの力も強くなる。

●右足に力が入っていないと、右ヒザが割れ捻転差も生まれない
右足太モモに力を入れないと右足が踏ん張れず、下半身が右に流れ、ダラダラと身体が回って、飛びに必要なパワーが生まれない。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ