SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛ばしの絶対条件はトップで右親指が首のつけ根を指す!【浦大輔の『かっ飛び』インパクト/ゴルフレッスンプラス】

浦大輔の『かっ飛び』インパクト

浦大輔の飛ばしのレッスン第4回は飛ばしに不可欠なエッセンスを3つピックアップして紹介する。力強いインパクトで目指せ300Y!

【飛ばしの絶対条件】
トップで右親指が首のつけ根を指す!

●自分にとって理想のトップを見つけよう

私はスウィングにおいて、トップというポジションはない、あくまで切り返しの瞬間に止まって見えるポジションでしかないと言ってきましたが、実は個人的には飛ばしのために意識しているポイントがあるんです。それは右手の親指が首のつけ根を指すようなトップを作ること。正確にはトップを作っているのではなく、そこに向かってバックスウィングした結果、そこがバックスウィングの限界点=トップとして瞬間的にその形を経るだけなのですが、自分の中に1つの形として持っているのは確かです。

 

具体的には右の写真のように、首のつけ根の部分を右手の親指が一瞬だけ指す位置で、身体の硬い私にとって静的に作るのは難しい形。バックスウィングの勢いを利用して、クラブの慣性に引っぱられてここに収まるのがポイントです。この深いトップを作るためにも、バックスウィングのスピードは不可欠。切り返しでもバックスウィングの「反動」を利用するので、飛ばすためにはバックスウィングでできるだけスピードを出すことが重要です。

 

ちなみにこのトップのポジションは人によって異なります。私の場合は球筋によっても変わり、フェードだと少し低い位置になります。みなさんもぜひ、「自分のポジション」を見つけてください。

●バックスウィングはスピードをつけてその反動で切り返す
ダウンスウィングでスピードを出すには、バックスウィングの反動を利用することが不可欠。その反動を大きくするためにもバックスウィングはできるだけスピーディに上げることが大事。

【Point】トップは絶対ツマ先体重
バックスウィングのスピードを受け止め、ダウンスウィングで正しく下半身を使うためにトップではツマ先体重が絶対条件

【DRILL】前傾を維持して強く叩く練習

小さなトップからインパクトを強く叩いて、前傾が崩れない範囲でもっとも強く叩けるところが理想のトップ。実際のトップはクラブに振られてもっと深くなるが、意識としてはここまでで十分。

お腹を締めて上だけ動かす!

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー