SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

世界標準オリジナルのボディアクションメソッド「スウィングレフト」とは!?【板橋繁のノーリストターンで飛ばす!G1スウィング】

世界標準のスウィング
ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

著書「科学的ゴルフ上達法』が驚異の売れ行きを見せる板橋繁プロの「G1スウィング」。ベン・ホーガンのスウィング理論に端を発するこの「G1スウィング」は我々日本人ゴルファーの知っている“スウィング”とはまったくの別物。でもそれが欧米では常識、世界標準のスウィングなんです。これから紹介するメソッドは、信じられないようなものばかり。スウィングの革命です。

目標方向よりも左に振る

そもそもなぜ日本標準スウィングは手を返すのか? そうしないとバックスウィングで開いたフェースがインパクトでスクェアにならないからです。 でも世界標準スウィングでは手は返しません。つまり、インパクトでフェースは開いているのです。「それじゃあボールが右に出るじゃないか」と思われるかもしれません。 そのとおりです。

日本標準スウィングの身体の使い方で、フェースが開いた状態でインパクトを迎えればボールはそのまま右に出ます。なので、世界標準のG1スウィングではフェースが開いた状態でコンタクトしてもボールがまっすぐ飛ぶようなボディアクションを行います。 それこそが「スウィングレフト」と呼ばれる世界標準オリジナルのボディアクションメソッド。

おそらく、日本標準のスウィングに慣れたゴルファーの方には考えられない身体の使い方だと思います。ひと言でいえば、リストターンのかわりにボディターンでフェースをスクェアにするのです。右手が下のままグリップがヘッドを先行した状態でインパクトしたら、そのあともフォロースルーにかけて「右手下・グリップ先行」を保ったまま身体を回転させ、グリップを左のポケットに入れるようにして、目標方向よりも左に向かって振っていきます。

そうすると、ちょうど左足外側の延長線上あたりでフェースはスクェアになります。フェースが開いた状態でボールにコンタクトし、そのまま身体の回転に伴ってスクェアになっていく、フェースにボールが乗って運ばれるような感覚です。この「スウィングレフト」を行うことにより、右手が下のまま手を返さなくてもボールはまっすぐ飛びます。

もしボールが右に出たら「スウィングレフト」が正しくできていないと思ってください。 左に曲がったら僅かでも手を返してしまっているということです。ポイントは、手元 (グリップ)が身体の一番近くを通るということ。 身体の回転が不足したり手や腕を動かしたりして、手元が身体から離れてしまうと「スウィングレフト」にならず、ボールもまっすぐ飛びません。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。