SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バックスウィングでは右肩を左肩より先行して動かすべき理由とは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!】

バックスウィングでは右肩は左肩より先行して動かす理由とは!?

バックスウィングで左肩を回していくと「進行方向」には右肩があります。左肩が「後輪」とすると右肩という「前輪」があるわけです。

その前輪にブレーキがかかっていると、進みたくても進めません。

多くのアマチュアゴルファーは、右肩に力が入っていたり、右肩が前に出た構えをしているため、右肩でブレーキを踏んでいる状態になっているのです。

ですので、バックスウィングでは右肩を左肩より先行させて動かすようにします。右肩を頭の後ろに回すようなイメージを持つといいでしょう。

その際には、胸の面を下に向けながら回していきます。胸を上に向けてしまうと上半身が左に傾き、上半身を右に傾けて回転させるアクシス理論に当てはまらなくなりますので注意しましょう。

アドレスで力を抜いて抵抗なく動ける状態で構え、それを保ちます。そうすると、両肩がしっかりと回り、力のたまったバックスウィングをつくることができます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。