SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アマチュアゴルファーの8割がしているミスショットを生む右腕の動きとは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!】

バックスウィングで右腕を好き勝手に動かしてはいけない理由とは!?

バックスウィングのポイントとして、「右肩を左肩より先行して動かす」と「上半身と下半身の動きをシンクロさせる」ことを指摘しました。

でも、ここまでの動きを正しくつくっても、腕の動きが正しくないとミスショットを生んでしまいます。

腕の動きと言っても、アマチュアゴルファーの8割は右腕の動きがミスの原因です。

そこで、右腕の正しい動きを身に付ける「右ヒジホールドドリル」を紹介します。

クラブを持たないでアドレスし、左手を右ヒジにあてがいます。そのまま身体を回します。その際、左手が右腕から離れない位置でトップをつくることを意識してください。

このドリルを試すとわかりますが、右腕の動きは小さいのです。トップで右ヒジは体側(たいそく)のすぐ近くで下を向き、右手は右耳の後ろくらいにあります。

この時のトップの位置が、そのゴルファーの理想のポジションとなります。

その位置では「物足りない」と感じる人は、右腕が好き勝手に動いていた証拠です。

慣れてきたら右手でクラブを持って同じ動きを行ってください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。