SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スムーズな切り返しのための上下の同調を導くポイントとは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!/ゴルフレッスンプラス】

アクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!

●飛距離アップの第2ステップ=力をためるバックスウィング
上半身を右に傾けたまま回転すれば、おのずとボールは捕まり飛距離は伸びる。それが吉本プロのアクシス理論だ。第2回は飛ばす力をためるためのバックスウィングを仕上げていく後半を説明する。ダウンスウィングをスムーズに始めることにもつながるロジックを理解し身につけてほしい。

「左肩-右腰」の距離を保つと上半身と下半身がシンクロする

 

●上下の動きが同調すると切り返しが自動化される
左肩は低く右へ、右肩は頭の後ろへ動かすことで上半身を回します。同時に、右腰を背後に動かすことで下半身を動かしています。この2つの動きをうまく組み合わせれば最大の力をため込んだバックスウィングが仕上がります。

うまく組み合わせるカギは、バックスウィングの始動と同時に、肩も腰も動かし始めること。もう1つのカギは、左肩と右腰の距離を一定に保つということ。つまり、肩と腰を「一緒に」動かすということです。

 

肩と腰を一緒に動かすことで、上半身と下半身がシンクロして、大きな力をストレスなく自然に生み出すことができます。また、結果的にダウンスウィングが自動的に始まる状態にもなります。

スムーズな切り返しのための上下の同調を導くポイント

【GOOD MOVE】左肩と右腰の距離が一定に保たれると理想のトップがつくれる
肩と腰はどちらも止めたりせず、両者の間隔を変えないようにして、一緒に動かすと、大きな回転をつくることができます。上半身と下半身がシンクロした自然な動きで力のたまったトップになり、このトップからは身体の回転で自然にダウンスウィングを始めることができます。


【BAD MOVE】左肩と右腰の距離が変わってしまうと十分な回転にならない
左肩と右腰をバラバラに動かして、両者の間隔が変わってしまうと、回転が深まらなくなったり、ぎこちない動きになります。ダウンスウィングが自動的に始まらないため、手の力で下ろすことになってしまいます。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。