SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

理想のトップが完成する腕の暴走をおさえるポイントとは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!/ゴルフレッスンプラス】

アクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!

●飛距離アップの第2ステップ=力をためるバックスウィング
上半身を右に傾けたまま回転すれば、おのずとボールは捕まり飛距離は伸びる。それが吉本プロのアクシス理論だ。第2回は飛ばす力をためるためのバックスウィングを仕上げていく後半を説明する。ダウンスウィングをスムーズに始めることにもつながるロジックを理解し身につけてほしい。

「右腕の暴走」を抑えると理想のトップが完成する

 

●トップでの右ヒジは胴体の近くで下を向く
バックスウィングの仕上げまであと一歩です。最後に気をつけなくてはいけないのは、腕の動き。ここまで動きを正しくつくってきても、腕が暴走してしまうと、スウィングはまとまらなくなってしまいます。

クラブを振るのは手や腕ですから、手や腕を大きく動かしたくなるものですが、手と腕の力や動きを使うと、本来使うべき体幹や下半身をしっかりと使えなってしまうのです。それではいつまでたっても飛ばせるスウィングは身につきません。

 

右ヒジホールドドリルを試してもらうとわかりますが、右腕の動きはごく小さいのです。トップで右ヒジは体側のすぐ近くで下を向き、右手は右耳の後ろくらい。これでは物足りないと感じるとしたら、今まで手を動かしすぎていた証拠です。

腕の暴走をおさえるポイント

【GOOD MOVE】右腕をおとなしく使えば身体と同調し、肩がよく回る
右ヒジホールドドリルを試すと、右腕の動きがどれほど抑制されたものかがわかります。右ワキが大きく空くことはなく、手が頭の上にくるようなことはないのです。しかし、右手はたったそれだけの動きだとしても、全身がしっかり動くようになるので、飛距離は伸ばせます。

【BAD MOVE】右腕が暴走すると動きがバラバラになる
右手を自由な状態にして、右腕の力を使おうとするのがミスショットの原因となります。腕主動のスウィングは安定しないばかりか、大きな筋肉が十分に動かなくなって力をためられないため、飛距離的にも不利です。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。