SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離が出る2重振り子スウィングを実現する身体と腕が一体化するグリップとは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

プロや上級者と一般アマチュアゴルファーとでは何が違うのか。その最大の要因は、「スウィングが〝2重振り子〟であることを理解しているかいないかにある」とゴルフインストラクターの新井淳は言う。果たして、その2重振り子スウィングとは?2重振り子スウィングの提唱者でもある新井に教えてもらった。

首の付け根を支点に身体を回すには身体と腕が一体化するグリップが必要

 

左手で斜めに持ってからボールにセット
2重振り子を実現するためのポイントを紹介しましょう。首の付け根を支点に振り子運動をする場合、最も大事なのは体幹と上腕を一体化させることです。そしてそのためには、正しいグリップで握ることが最大のポイントになります。手順としては、まず左の股関節の前に左の手首を持ってきます。そして、左手の甲は左上に向けます。こうすることで、指先の曲げ伸ばしがしやすくなり、クラブもしっかり握れるからです。

次に左手の形をキープしたままクラブを握ります。そうするとクラブは正面から見て45度前後下に傾いた状態になりますが、これでOK。そして右手は、指先を下から引っ掛け、クラブの重さを指の付け根で感じられるように持ち、左手の親指を包み込むように握ります。最後に左手の手首を甲側に折り曲げてボールの位置にセットすればグリップは完成です。一般的には、身体の正面にヘッドをセットしてからグリップするわけですが、そうすると構えたときからワキが開きやすくなります。その点、今回紹介した握り方をすれば両ワキが均等に締まり、体幹と上腕に一体感が生まれます。2重振り子スウィングを実現するためにも、ぜひこのグリップをマスターしてください。

両ワキが均等に締まり、体幹と上腕に一体感が生まれるようにクラブを握ることが、2重振り子スウィングの第一歩。

【手順1】左手を左股関節の前に持ってくる

【手順2】左手甲を左上に向けてグリップする

【手順3】右手は下から引っ掛けクラブの重みを指の付け根で感じる

【手順4】右手は左手親指を包み込むように握る

【手順5】左手の手首を甲側に曲げてボールの位置にセット

【NG】最初から身体の真ん中でグリップすると、身体と腕の動きがバラバラになりやすい

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。