SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

驚くほど飛距離がアップするG1スウィング習得DRILL『板挟みドリル』とは!?【板橋繁のノーリストターンで飛ばす!G1スウィング】

世界標準のスウィング
ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

前号から連載がはじまった世界標準のスウィング理論「G1スウィング」。手を返さない「ノーリストターンスウィング」は、我々の常識を覆すまさに“スウィングの革命”でした。今回は、その革新的スウィング理論の詳細をさらに紹介。またまた驚きの連続です。

G1スウィング習得DRILL【板挟みドリル】

両足で板を挟みつける力=「マグネティックフォース」を感じよう!
「G1スウィング」に必要不可欠な「回転力」をアップさせるのに役立つのがこの「板挟みドリル」です。スタンス幅程度(横45センチ、縦30センチくらい)のできるだけ重量のある板を用意し、両足の土踏まずの間にしっかりと板を挟んだ状態のままスウィングします。G1スウィングでは、この両足で板を挟みつける力のことを「マグネティックフォース」と呼んでいますが、この「マグネティックフォース」を感じながら回転することを意識しましょう。この感覚を掴むと驚くほど飛距離がアップします。ぜひ取り組んでみてください。

しっかり板を挟んでおいて、一旦沈んでから板を半転させるぐらいのつもりで fast hip turn !(お尻を素早く回転させないとインパクトが詰まります)。

足がめくれないように行う。また、下半身主導でなく上体からスウィングしていると、板が浮き上がってしまうのでNG。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。