SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダウンスウィングで飛距離UPへ1番大事な動きである両腰の高低差を身に付けるドリルとは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!】

ダウンスウィングの始動で左腰を左斜め上に移動させる理由とは!?

ダウンスウィングの始まりの動きは、トップから左腰を左斜め上に移動させる動きです。

腰を正面に向けたまま(実際には回転します)、腰の左右に高低差ができた状態になるように動きます。

この高低差をつくる動きが「アクシス理論」で一番大事な動きになります。左右の腰の高さに違いができることで頭が右足側に残り、軸が右に傾いた状態を維持しやすくなるのです。

ダウンスウィングで両腰の高低差を身に付けるドリルを紹介します。

ズボンのベルト通しに棒や割りばしなどを差し込んでダウンスウィングを行い、その時の左右の腰の高さをチェックします。

この動きを繰り返して、左腰が高くなる動きの感覚を覚えてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。