SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離アップに繋がるテークバックでの上半身の使い方とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。今回は、飛距離アップのための上半身の動かし方を紹介。上半身を上手く使えば、飛距離は大幅にアップすると菅原は言うが、はたしてその動かし方とは?

テークバックでは胸とお腹を右下に向けるように上半身を回す

●上半身を回せば手元は胸まで上がる
ここまで腕の使い方を中心に話を進めてきましたが、テークバックでは胸、お腹をしっかり右に回すことも大事。そうすれば、引っ張り合いを続けている両手が自然と胸の高さまで上がってきます。また、このとき、前傾姿勢が崩れないように、胸とお腹を右下に向けるように身体を回すことも重要なポイントになります。

繰り返しになりますが、テークバックでは、両手の押し引きと、身体を回すこと以外は余計な動きをしないこと。そうすることがダウンスウィングでのタテの動きに繋がり、最終的には飛距離アップにも繋がるのです。

身体の回転によって手元は胸まで上がる。これ以上、手を上げる必要なし。


胸の高さよりもグリップが上に上がるのは、手で上げている証拠。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ