SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

切り返しではクラブを右上に押し返す「インパクト効率アップの条件」とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト】

【インパクト効率アップの条件】
切り返しではクラブを〝右上〟に押し返す!

●アーリーリリースの感覚でないとインパクトに間に合わない!
ダウンスウィングのスピーディな身体の回転と同調させてインパクトまでにシャフトをしなり戻らせるには、かなり早いタイミングでクラブを右上に「押し返す」感覚が必要だ。

●胸が右を向いたトップが必要
切り返しでクラブを「押し返す」動きのポイントは、右腕でクラブを右上方向に放り投げるようなイメージです。これはアマチュアの多くがイメージしている「タメる」ような動きとはまったく異なるので戸惑うかもしれませんが、バックスウィングでクラブが通ってきた円弧を反対方向になぞるようにクラブを押し返そうと思ったら、右下や左下方向でなく、この右上方向にクラブを押すのが自然なはず。ここの意識改革は絶対に必要です。

これではアーリーリリースになったりカット軌道になるのではないかと思うかもしれませんが、アーリーリリースの感覚でいいんです。むしろ、実際のスウィングのスピーディな身体の回転運動のなかでは、このくらい早いタイミングでクラブを押し返さないとインパクトに間に合いません。

また軌道に関しては、トップで上体がちゃんと右を向いていれば、ダウンスウィングがカットになることはありません。ダウンスウィングの軌道は、切り返しの瞬間に胸が向いている方向で決まります。バックスウィングで身体がちゃんと回ってさえいれば、ダウンスウィングはインサイドから下りてきます。なお、身体が硬くてトップで上体が右を向ききらない人は、ヒールアップなどを取り入れて回転量を増やせばOKです。

●上体が右を向くトップを作ろう
身体が硬くてトップで胸を90度右に向けられない人は、ヒールアップして回転をサポートしてあげよう。

●ダーツを投げるような感じ“手の内”を使ってクラブをしならせる
切り返しの瞬間、右手と右手首をやわらかく使ってクラブをしならせる感覚が必要。左のように指でクラブを動かす練習は飛距離アップに効果的。

●アーリーリリースでOK、胸が右を向いていればクラブはインから下りる
ダウンスウィングの軌道は、切り返しの瞬間の胸の向きで決まる。トップで胸が飛球線と反対方向まで90度回っていれば自然とインから下りる。回転不足だとカット軌道になるので要注意。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。