SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミート率&飛距離UPを実現する〝2重振り子スウィング〟の手首の振り子の作り方とは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

プロや上級者が当たり前のようにやっている〝2重振り子スウィング〟。第2弾では、その動きについてさらに詳しく教えてもらった。ミート率&飛距離アップを目指すなら、ぜひマスターを!

手首の振り子は左手首を支点にしてインサイドアウト方向に動かす

 

●アウト方向に振れば真っ直ぐの軌道に
首の付け根を支点とした振り子運動を理解したら、今度は手元を支点とした振り子の動きをマスターしましょう。これまで手元が支点といってきましたが、厳密にいうと〝左手首〟が支点になります。つまり左手の付け根を支点に振り子運動を作ればいいのですが、ここで注意点してほしい点が1つあります。それは、インサイドアウトの方向に振り子を作ることです。


そう説明するとほとんどの人が、「どうして真っ直ぐに振らないのか」と思うはず。その理由は、実際にクラブを振るとき身体が左に回転するので、真っ直ぐ振っていてはヘッドの軌道が真っ直ぐにはならないからです。ヘッド軌道を真っ直ぐにするには、アウトサイド方向に振る必要があるのです。また、ボールに対してフェースをスクェアに当てるために、クラブを左腕の前で立てるように動かすことも大事。ヘッドが身体の後ろにいってしまうと、インパクト前後でフェースがかぶった状態になりやすいので注意してください。

さらに付け加えれば、今までの動きに腕の上下動もプラスします。具体的には、テークバックで左腕を上げて身体から離し、切り返し後、左腕を下げて身体に近づけ、フォロースルーでクラブを立てます。これが左手を支点とした正しい振り子運動で、これに身体の回転が合わされば、正しい2重振り子スウィングが完成します。

【NG】真っ直ぐな振り子運動をしたり、身体よりもヘッドが後ろにくるような動かし方をすると、実際のスウィングで身体が止まってしまったり、フェースが返りすぎたりしてしまう。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。