SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPの為に一番大事な力の入るトップの形の作り方とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト】

【誤解1】トップの形をキレイに
大事なのは「キレイな形」じゃない「パワーが出せる形」を目指そう!

●ボールに向かってエネルギーをぶつけやすい形
アマチュアゴルファーは、既存のレッスンや世に出回っているスウィング写真、プロの言葉などの影響を受けて、スウィングの本質を誤解しているケースが非常に多くあります。その最たるものの1つが、キレイなスウィングを目指そうとすることかもしれません。うまい選手や飛ばす人はたしかにキレイなスウィングをしていることが多い。でも飛ぶ人は、飛ばそうとしてスウィングしている結果として、外から見てキレイな形になっているだけなのです。外から見える形をなぞろうとしても、本来スウィングに必要なパワーを出すことはできません。

とくにトップの形はその代表格。左腕が伸びて、身体が深く回って、手元の位置が高くて……と、そんな形に意味はないし、ポジションだけ飛ぶ人のマネをしても飛ばせません。

ゴルフスウィングは、ボールに向かってクラブをぶつけて、そのエネルギーでボールを飛ばす運動です。したがって、ボールに向かっていちばん力を出しやすいトップがいいトップなのです。たとえば右手に持ったテニスボールを、アドレスのボール位置に思い切りぶつけようとしたらどんなトップになりますか? ゴルフスウィングのトップも、これがいちばん力を出せる形なのです。まずはこの形を作って、そこに左手を寄せていく。そして左右の手の中間の位置でグリップするのがいちばん力を出せるトップです。飛ばすために大事なのは形より力の出しやすさ。それを忘れないでください。

●「飛ばせるトップ」の本質は右手を高く上げて振りかぶった形
地面にあるボール位置にいちばん大きなエネルギーをぶつけられるのは、右手で持ったものをボール位置にぶつけようとする形のはず。右手を高く上げて振りかぶった形こそが「飛ばせるトップ」の本質。ゴルフスウィングのトップもこれがいちばんパワーを出しやすく飛ばせる形だが、これは形をなぞっても再現できない。

●力の入るトップの形の作り方
右手の位置に左手を寄せ間を取って「握れるところ」
地面にボールを思い切りぶつけようと振りかぶった位置が右手のベストポジション。右手をその位置にキープしたまま身体を回して左手を近づけていく。しかし左手は右手に決して届かないので、左右の手の中間点に両手を寄せていき、クラブを握れるところがいちばん飛ばせるトップの位置。このポジションは人それぞれの柔軟性などによって変わるので、他人の形だけを真似ても意味がない。自分で実際に探してみよう。

【NG】形をなぞってもパワーは出せない
プロのトップの写真などを見てその形だけを真似ても、トップの本質である「パワーを出しやすい形」ではないので、飛ばせない。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。