SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

寄るアプローチが打てるようになる構え方、握り方とは!?【伊澤秀憲の寄るアプローチショットの真実!】

寄るアプローチショットの真実!アプローチは〝4要素〟で寄る!

アプローチがうまく打てない、寄らない。ほぼすべてのアマチュアゴルファーが持っているそんな悩み。それは、寄るために必要な〝要素〟を満たしていないから。誰も教えてくれなかった真実を、アプローチショットのスペシャリストが明かしてくれた!

セットアップの4要素 Part1

●構え方、握り方などたくさんの方法がある
ゴルフはアドレスで決まると言われるように、アプローチショットにおいても、セットアップはショットの成否を大きく左右します。構え方や握り方などその方法は多岐に渡り、組み合わせもそれに応じて幾通りにもなるので、色々な打ち方を試してみてください。

手元の位置

ハンドファーストに構えるとロフトが立つために飛びやすくなるが、一方でフェースがやや右を向くために右に行きやすくなる。反対にハンドレイトに構えるとロフトが寝るので飛びにくくなり、フェースはやや左を向くので左に行きやすくなる。


ハンドダウンに構えると、ボールとの距離が遠くなるぶんエネルギーが伝わりづらくなって飛びにくくなり、また、ヘッドのトウ側が浮いてフェースが左を向くぶん左に行きやすくなる。反対にハンドアップで構えると、ボ ールとの距離が近くなって飛びやすく、ヒール側が浮くために右に行きやすくなる。


グリップ種類

ストロンググリップに握ると、スウィング中、クラブに対してフェースが閉じる方向(自分から見て反時計回り)にベクトルがかかる状態になるため、つかまりやすくロフトも立つので、飛んで左に行きやすい。反対にウィークグリップに握ると、フェースが開く方向(自分から見て時計回り)のベクトルになるので、飛びにくく右に行きやすくなる。深いラフからは、ストロンググリップできつく握るだけで、スウィングを変えなくもきちんとボールが飛ぶことも覚えておこう。


グリップ長さ

クラブを長く持つと、スウィング軌道の弧が大きくなってヘッドが加速するぶん、飛ぶ。短く持てば弧が小さくなり、飛ばなくなる。


グリップ・プレッシャー

グリップをきつく握ると、インパクト時の衝撃に当たり負けしにくく、飛びやすくなる。ゆるく握ると当たり負けしやすくなり、飛びにくくなる。一方で通常のショットにおいては、ゆるく握ったほうがヘッドが走って飛距離が出ることもある。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●伊澤秀憲
1991年生まれ。2歳からゴルフを始め、JGTOツアーなど多くの試合に出場。現在、初心者からプロまで指導に携わる。 You Tubeチャンネル「伊澤秀憲のGUTS TV」が好評。石川遼プロとは同年齢で、スウィングのよき相談役でもある。マスターズ4位の成績を残した伊澤利光プロは叔父にあたる。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内