SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

トップでの右ヒジの理想的なポジションとは!?【新井淳の2重振り子でスウィングが劇的に変わる!】

トップでの右ヒジの理想的なポジションとは!?

テークバックの終着点のトップの形として意識したいのは、右ヒジのポジションです。

クラブを振り上げるとき、右腕は「飲み物を口に運ぶイメージで動かす」という話をしましたが、最終的には吊り革を持つポジションに持っていくのが正解。

これが最も二の腕や肩に負担が掛からない形だからです。

ところが多くのゴルファーは、クラブを背中に振り上げようとするため、右ヒジの位置が後ろにズレてしまいます。

そうすると、ダウンスウィングでボールを打ちにいくような形になったり、右の肩が前に出てかぶってしまいます。

一方、正しいポジショに上げることができれば、ダウンスウィングでも右ヒジが自然と下りるようになります。

吊り革のポジションに持っていくためにも、両ワキ固定のグリップ(※)でクラブを握り、飲み物を飲むように右腕を上げることが大事です。

※両ワキ固定のグリップのつくり方
①左手を左足股関節の前に置く
②左手甲を上に向けて左手だけグリップする
③右手を下から引っ掛け、左手親指を包み込むように握る
④左手の手首を甲側に曲げて、ヘッドをボールの位置にセットする

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.8』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!