SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正確にボールをとらえ真っ直ぐ飛ばし飛距離を生み出すダウンスウィングとは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

正確にボールをとらえ、真っ直ぐ飛ばすための新理論、 “2重振り子スウィング”。今回は、ダウンスウィングのポイントをレッスン。クラブに最大の力を発揮させるためには、どのように身体を動かせばいいか。これを読めば、今までの悩みが一気に解決。驚きのスウィングが手に入るはずだ。で意識するべき点とは…。

ダウンスウィングでは、両親指を下に向けることが大事

●手首の回旋があるからヘッドがボールに届く
まずは、トップからインパクトまでの上半身の動きについて。トップまでは、右腕は飲み物を口に運ぶときのように動かし、左腕は胸の側面をコスリ上げるように右斜め方向に上げるという話をしましたが、ダウンスウィング~インパクトでは、それを元に戻す動きが必要になってきます。両腕ともいきなりインパクト方向に動かすのではなく、上げた手順通りに下ろすことが大事です。


それと同時にダウンスウィングで意識してほしいのは、手首をしっかりひねることです。具体的には、トップのとき、両手の親指は上を向いていますが、この親指が下を向くような回旋をする必要がある(これを「サムダウン」といいます)ということです。親指が上向きから下向きになると、左手首は山型に折れます。一方、右手首は前腕に対する角度はそのままで親指が下を向きます。

クラブを持ってこの動きをしたとき、ヘッドが丸を描くように動けば正しい手首の回旋をしている証拠です。そして、この手首の動きと腕の振りを合わせることで、ヘッドがボールに届くようになります。飛球線後方から見ると、切り返しからヘッドが背面方向に放り出されるような形になり、弧を描きながらボールに向かって下りくるのでチェックしてみてください。


●上を向いていた親指を下に向けるように手首を回旋させる
親指が上向きから下向きになると、左手首は山型に折れ、右手首は前腕に対する角度はそのままで親指が下を向く。これが手首の正しい回旋。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!