SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPへ強いインパクトを生み出しダウンスウィングにおける下半身の動きとは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

正確にボールをとらえ、真っ直ぐ飛ばすための新理論、 “2重振り子スウィング”。今回は、ダウンスウィングのポイントをレッスン。クラブに最大の力を発揮させるためには、どのように身体を動かせばいいか。これを読めば、今までの悩みが一気に解決。驚きのスウィングが手に入るはずだ。で意識するべき点とは…。

ダウンで右腰を沈ませることで回転がスムーズになる

●ズボンのシワに沿って斜め下方向に沈み込む
最後に、ダウンスウィングにおける下半身の動きです。意識してほしいのは、切り返し後に腰を沈ませるということ。多くのゴルファーは、トップから腰をすぐに回そうとしますが、そうすると腰がすぐに浮いてしまいます。そうならないためにも、一度沈む動きが必要になってくるのです。

イメージとしては、テークバックで右に腰を回すと足の付け根にズボンのシワができますが、このシワに沿って斜め下の方向に腰を沈める感じ。シワの形をある程度維持したまま、軽く椅子に腰掛けるように沈むといいでしょう。そしてインパクト後は、ズボンの左側にできたシワに沿って腰を切り上げます。

上体の動きは、肩ではなくみぞおちをズラすことで行いますが、それにこの沈む動きを合わせると、頭の位置が変わらない、スムーズな回転が実現するはずです。


すぐに回転しようとすると腰が浮いてしまい、強くボールを叩くことができなくなる。


椅子に軽く腰掛けるような感じで、左斜め方向に沈み込む。構えたとき、両ヒザを柔らかく使えるようにしておくことも大事。


インパクト~フォロースルーでは、左腰を左上に切り上げるイメージで。みぞおちの動きと連動させることによって、腰のキレも鋭くなる。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内