SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アプローチショットを打ち分ける為に自分の限界を知っておくべき理由とは!?【伊澤秀憲の寄るアプローチショットの真実!】

寄るアプローチショットの真実!アプローチは〝4要素〟で寄る!

アプローチショットは「飛ぶ」「飛ばない」「左に行く」「右に行く」の4つの要素で判断する。前回紹介した「セットアップ」の要素に続き、今回は「スウィング」の4要素。〝寄る〟打ち方を導き出そう!

自分の〝限界〟を知る!

●限界を知れば、打ち分けが可能になる
アプローチショットを打ち分けるためには、自分の“限界”を知っておくということがとても大切です。

例えば、ハンドファーストには「右に行く」要素があり、反対のハンドレイトには「左に行く」要素がありますが、自分がどれくらい極端にハンドファーストに構えてもまっすぐ打てるのか、ハンドレイトでもまっすぐ打てるのかを試して自分の「両極端」を知っておくと、「これだけの幅で自分はまっすぐ打てる」ということがわかります。

そのうえで自分なりの基準の手元位置を決めることで、様々な打ち分けが可能になってくるわけです。これはセットアップやスウィングの他の方法にもいえることです。ぜひ、たくさんの自分の“限界”を試してみてください。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ情報】
●伊澤秀憲
1991年生まれ。2歳からゴルフを始め、JGTOツアーなど多くの試合に出場。現在、初心者からプロまで指導に携わる。 You Tubeチャンネル「伊澤秀憲のGUTS TV」が好評。石川遼プロとは同年齢で、スウィングのよき相談役でもある。マスターズ4位の成績を残した伊澤利光プロは叔父にあたる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!