SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離を生み出すリリースポイントを作る為に重要な上半身の傾きとは!?【吉本巧のアクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!】

アクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!

●飛距離アップの第6ステップ=最大の力が伝わるインパクト
上半身を右に傾けた軸(アクシス)で回転し、無理なく飛距離を伸ばすのが吉本プロのアクシス理論。アマチュアの技術と体力、練習量でも飛距離を伸ばせるスウィングの説明を続けてきた。今回はインパクト後編。いかに加速しながら打ち抜くかを詳しく解説していこう。

【上半身の傾きの理由】リリースポイント=「シャフトがしなり返る位置」でインパクトする

●上半身の傾きの延長上でエネルギーが最大になる
自分がもっている力をボールに伝えるために、とても重要になってくるのがリリースポイントです。リリースポイントとは、クラブがリリースされて最大に加速する位置のこと。これは上半身の、つまり回転の軸の延長線上に来ます。

ドラコン選手や、飛距離が出る選手、女子ツアーの選手はみな、上半身を右足側に傾けて振っています。そうすることで、左に置いたボールの位置にリリースポイントが来るようにしているのです。

シャフトはダウンスウィングの始 まりでヘッドの進行方向と逆向きにいったんしなります。それがしなり戻って真っすぐになり、さらに目標方向へしなり返ります。その力をもリリースに加えることで最大の飛距離が実現します。


リリースポイントとボールの適正な位置を見つける

【POINT1】しなり返る瞬間が最大の力で衝突する
切り返すとシャフトはしなります。しなれば当然戻ります(しなり戻り)。これがダウンスウ ィングの前半。シャフトは真っすぐの状態に戻ったあと、勢いで反対側、つまり目標方向に再度しなります(しなり返り)。これがクラブのリリースと結びついて、ヘッドが最大限に加速します。その位置は、上半身の軸の延長上に来ます。リリースポイントをインパクトの直前から直後の辺りにすれば、もっとも力強いインパクトができるのです。


【POINT2】しなり返る瞬間が最大の力で衝突する
上半身の傾き方に合わせて、理想のボール位置が決まってきます。プロのようにダウンスウィングで腰をしっかりと入れることができると上半身の傾き度合いは大きくなります。そのため、ドライバーのスタンス幅で、左カカトの正面にボールを置くのが最適になります。しかし、そこまで腰を入れることができないアマチュアは、リリースポイントが手前になり、左カカトの前ではすでに失速しています。ボールも右に1~1.5個ズラすといいのです。


【おすすめDRILL】しなり戻り&返りドリル

●振り下ろす途中で止めしなり返る動きを感じる
クラブを逆に持ってトップから振って途中で止めると、しなり返ります。次はクラブを普通に持って同じことを。さらにその感覚の余韻を残して、フルスウィングの素振りでティーを打ち、しなり返るタイミングを合わせる感覚をつかんでください。


出典:『ゴルフレッスンプラスvo.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.10』10月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!