SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

プロ野球公式記録の見逃しストライクとボールの表記とは【スコアラー豆知識/NPB監修】

ボールカウントを記入しよう!

ピッチャーの投球結果は、スコアブックではマス目の左側に記入していく。基本的には、ストライク、ボール、ファウルの3つ。判定するのは、球審の役割で、投球後にジェスチャーやコールをしてくれる。それを見て記入すればいい。ファウルが多くなると、1打席で10球以上になることもあるので、上から詰めて記入する。試合後に分析することを考えて、さらに細かく記入することもある。

少年野球のストライクの書き方

ストライクは「〇」と記入する。バッターが空振りをしたか、見逃したかの区別はしなくてもいい。上級者になったら、分析に役立てるため、「〇」を見逃しストライク、空振りは「◦」と書き分けてもいい。

プロ野球公式記録のストライクとボール

公式記録では、見逃しストライクは「×」、ボールは「◦」と記入する。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。