SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

盗塁は混乱しない為にいつ起きたかをはっきり残す!【スコアのつけ方/NPB監修】

盗塁(スチール)を記入しよう

ピッチャーが投球する間に、ランナーはアウトになる危険を冒して進塁を狙える。これを盗塁という。キャッチャーから送球されたボールで、タッチされる前に塁に到達できれば成功。盗塁した塁の欄に、Stealの頭文字「S」を記入する。盗塁はいつ起きたかをはっきりさせておかないと、スコアブックを見返すときに混乱するので、盗塁が起きた投球の横に「’」を記入する。

Stealの頭文字である「S」を記入する

盗塁した選手のマスの、該当する塁の欄に「S」を記入する。また「’」をつけて、投球欄とリンクさせる。

盗塁が行われた投球に「’」をつけておく

あとで混乱しないように、投球にも「’」をつける。記号はどんなものでもいいが、見やすいものがおすすめ。

複数の盗塁が行われたときは「”」などなどを記入

1イニングに複数の盗塁があったら「”」などを使う。これも「S」とリンクすれば、どんなものでもいい。

【書誌情報】
『少年野球 スコアのつけ方』
監修: 一般社団法人 日本野球機構(NPB)

“我が子が少年野球を始めた親御さん”にターゲットを絞った1冊。試合時にスコアブックを付ける役割が、選手のお母さんに依頼するチームが多いことから、スコアの付け方をゼロから解説します。モデルは全て小学生を使い、全て小学生野球のルールでの内容構成です。少年野球のスコア記載はプロ野球よりも様々なことが起こり、スコアを書く側からすると何倍も難しいもの。小学生で起こりがちなスコア記入例&プレーを、野球初心者のお母さんたちの声を拾って重点的に解説します。また、監修には日本野球機構(NPB)の現役公式記録員についていただき完璧な最高峰のスコアの付け方を伝授します。