SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

勝負事で活用すべき相手の裏をかく為に効果的な孫子の教えとは!?【孫子の兵法】

Text:島崎晋

都合のよい状況に誘い込んだら一気に攻める

孫子は、敵を不利な状況に陥れる策を練るべきだと勧める。一つの作戦として、開戦が避けられなくなったとき、国境の閉鎖や通行許可証の無効化などの措置で情報漏れを防いでおいて、先に討って出るという選択もある。不意を突かれ、敵軍の防衛線に間隙が生じたならば、そこから迅速に敵領内深く侵攻。戦略的要地に向かっているように見せかけるのである。

敵軍はそこを奪われないようにするため全速力で駆けつけるはず。先を急ぐあまり偵察も疎かになるから、隘路など進退の困難な地点で静かに敵の到来を待てばよい。

そして敵主力がやって来たら急ぎこれを捕捉。激しく攻め立て一気に勝利をものにする。最初は処女のようにしおらしく、敵が罠わなにはまれば脱兎のごとき素早さで襲いかかれば勝てるという戦略である。

孫子はこういうが、ここで重要なのは相手がまんまと罠にはまってくれるかどうかだ。それには日頃の下工作が必要とされることを忘れてはならない。

相手を油断させるには、こちらは争いに消極的であるかのように装わねばならず、相手がこちらを甘く見るようになるまでには相当な時間と労力、情報操作が必要となり、努力なしでは成功しないのである。

このような術策を陽動作戦という。応用すれば現代社会のさまざまな場面で使うことができるだろう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 孫子の兵法』
著者:島崎晋

新紀元前500年頃、孫武が勝負は運ではなく人為によるとし、その勝利の法則を理論化した兵法書。情報分析や見極め、行動の時機やリーダー論等、現代に通じるものとして今も人気が高い。「名言」を図解でわかりやすく紹介する。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内