SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

コラーゲンはそのまま摂っても意味がない!【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

ぷるぷるコラーゲンも実はたんぱく質!

フカヒレや豚足、手羽先などコラーゲン豊富な食材はいかにも肌によさそうなイメージですが、コラーゲンがたんぱく質でできていることは知っていますか?

ヒトの肌は一番外側の「表皮」、表皮の下にある「真皮」、最も内側の「皮下組織」と複数の層が重なり合ってできています。皮膚のハリや弾力を生み出しているのは、真皮にあるコラーゲンとエラスチンでどちらもたんぱく質で構成されています。繊維のほとんどを占めるコラーゲンは真皮層に網目状に張り巡らされており、エラスチンはこのコラーゲンの網目部分をつなぎ留める役割を担っているのです。

加齢によって肌が衰えるのは、このコラーゲンやエラスチンが破壊されて弾力を失うため。また、たんぱく質不足が乾燥やシワ、たるみなどの老化現象を引き起こしてしまう一因にもなります。

コラーゲンが豊富な食材はそのまま肌のコラーゲンも生成してくれそうな気がしますが、あまり有益な研究結果が出ていないのも事実。肌のためには、コラーゲンの材料である良質なたんぱく質を摂るほうが効果的です。

そして、たんぱく質からコラーゲンを生成する際に欠かせないのがビタミンCと鉄。この3つを一緒に摂ることが重要なので、おいしく食べれる組み合わせを考えて、積極的に食べて美肌を目指しましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。