SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

その貧血、たんぱく質不足が原因かもしれません!【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

赤血球の主要構成物質はたんぱく質!

顔色が悪くめまいがする、と聞くと真っ先に「貧血」というワードが思い浮かびますが、これにもたんぱく質が関係しているかもしれないということは以外に知られていない話です。

貧血の大半は「鉄欠乏性貧血」で、これは血液中の赤血球が少なくなるため、酸素を運搬する能力が低下する病気です。貧血になると体中の組織で酸素不足が起こり、疲れやすくなったり、イライラするなどの症状が現れます。

赤血球の主要の構成物質であるヘモグロビンは、血中酸素を全身に運んでくれる重要な役割を担っています。ヘモグロビンとは、ヘム(鉄)とグロビン(たんぱく質)の複合体でヘム蛋白という名前があるように、たんぱく質そのもののこと。

重要なことは、たんぱく質が不足すると必然的に赤血球をつくることができず、貧血になることもあるという、その点です。

もちろん貧血を引き起こすのはたんぱく質不足だけではありません。鉄、ビタミンB12、葉酸などの不足や消化器系の病気など様々なケースが考えられます。

とはいえ、赤血球のもととも言えるたんぱく質を意識して摂っていくことは、貧血改善に大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。