SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高出身ティモンディ高岸が教える強い打球を打つ為の打撃の構えとは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【打撃フォーム】かまえ→足を上げる

「かまえ」は打撃フォームのスタートであり、基本でもある。ここがしっかりと決まらないと、良いスイング、強い打球は打てない!

①バットを持って自然体でかまえる
かまえかたは人それぞれだが、なるべくスイングしやすい「自然な形」を意識しよう。

②足を上げていく
タイミングをとりながらピッチャー側の足を上げていく。


③スイングにうつる準備
足を一番上げた位置。ここからスイングにうつっていく。


高岸流ワンポイントアドバイス

●かまえも足を上げるのも人それぞれでOK!
プロ野球選手を見ても、打撃フォームはみんな違う。「正解」はないけど、大切なのは強くふれること、ボールにしっかりと当たること。たとえば、ここで紹介している前田のフォームは足を上げているけど、ぼくは前田ほど足を上げない「すり足」に近いフォームで打っている。みんなも、どんなフォームが打ちやすいか、いろいろためしてみよう!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内