SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高出身ティモンディ前田が教える当たる確率が上がるバットの持ち方とは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【バットコントロール】バットを短く持つ

バットにボールがなかなか当たらなかったりしたら、バットを「短く持つ」こともためしてみよう。当たる確率も上がるし、野球が楽しくなるはず!

①こぶし1個ぶんくらい短く持つ
まずはこぶし1個ぶんくらいグリップを余らせてバットを持ってみる。ただ、どのくらい短く持つかは、「人それぞれ」でOK!


②スイングは変える必要なし!
バットを短く持っても、スイング自体は何も変える必要はない。自分のフォームを崩さないように意識しよう。


前田流ワンポイントアドバイス

●「当たる」ようになればバッティングは楽しくなる!
みんなに伝えたいのは「全員が短く持つ必要はないよ!」ということ。しっかりスイングできたり、バットにボールが当たるようであれば、わざわざ短く持つことはない。ただ、バットをうまくあつかえないときは、短く持つことでボールをとらえられる可能性が高くなることもあるので、悩んでいるときは一度試してみてもいいと思う!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。