SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高出身ティモンディ前田が教えるゴロを捕る時のポイントとは!?【やればできる!ティモンディのベースボール教室】

Text:ティモンディ

【守備の基本】グラブ(手)を立てる

ゴロを捕るときは、グラブをはめた手の手首をしっかりと立てて、なるべく打球に対してグラブの「捕球面」が正面を向くように意識しよう。

【OK】グラブをはめた手を立てる
グラブをはめているほうの手 をしっかりと立てる。地面に対してまっすぐよりも、さらに体の方向に曲げるくらいのイメージでないと、グラブが地面と垂直にならない。


【NG】手首を立てないとグラブが寝てしまう
手首をしっかり立てないと、グラブが寝てしまう。捕球面が打球に対して垂直にならないので、ボールをはじいてしまったりうまく捕れない原因に。


前田流ワンポイントアドバイス

●自分が思うより「手首を立てる」くらいのイメージで◎!
自分ではしっかりと手首を立てているつもりでも、グラブをはめると角度がゆるくなってしまうことがよくある。垂直よりもさらに
角度をつけるくらいのイメージのほうが、グラブは地面と垂直になる。練習からいつも意識して、試合では自然に手首が立つようになればバッチリだ!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。