SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングで重要なのはどれだけ長い時間クラブを体の真正面に置いておけるか!【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

体の真正面でクラブを保つ時間はトップでつくられる

トップはバックスウィングの終点であると同時に、ダウンスウィングの始まりです。バックスウィングよりもスピードの速いダウンスウィングで、一度、円運動の軸である氣から外れた手や腕、ましてクラブを正常に戻すのは容易なことではありません。

そのような観点からトップの意味を考えてみます。

荒川先生の教えを通じて、現時点で私なりの考えをまとめるとこうなります。スウィングで重要なのは、どれだけ長い時間、クラブを体の真正面に置いておけるかどうかです。特にダウンスウィングからインパクトでは、体の真正面に あり続けるクラブが、体の真正面でボールをつかまえることが重要になります。 このクラブが真正面にある時間をより長くすることが、トップの役割、意味だと思うのです。そのためにはトップまで絶対にクラブを、体の真正面から外さないことが重要だと私は考えます。

そのために両脇にタオル、あるいは両腕にゴムボールをはさんだり、5キロ程度のメディシンボールを後方に投げさせる練習はとても効果的です。捻転差は大きくても、手の動きは小さくて構いません。腕や手はなによりも体の真正面で一体感が重要です。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。