SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

強く、鋭い!インパクトのすべてが身につく練習法!上田桃子プロ、小祝さくらプロのコーチが教える【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

インパクトの形からボールを押し、まっすぐに転がすことができるか!?

私たちがよくやっている練習法を紹介しておきましょう。それはインパクトの形をつくり、バックスウィングなしでボールを押す、という練習です。

インパクトはアドレスの再現とはいいますが、厳密には理想的なインパクトができるよう、逆算して構えるのがアドレスです。アドレスでヘソとボールを結んだ氣は、インパクトで最大限に放出されます。そのためアドレスよりもインパクトの方が、ヘソとボールが氣で結ばれている感覚が理解できるはずです。その意味でもインパクトの形をつくるのは、とてもいい練習です。

インパクトでヘソと氣を結ぶと腰が入った、いわゆるハンドファーストの形ができます。その状態からバックスウィングなしでボールを前に押してみましょう。このときボールを真っ直ぐ転がすことが重要です。ボールが真っ直ぐに転がれば“しぼり”ができた理想的なインパクトとフォローになった証明となります。

実際、腰の入ったハンドファーストの形ができなかったり、手をこねたり、左手を伸ばして押しても、ボールは真っ直ぐに転がりません。“しぼり”の動きだけに限っていえば、ボールを真っ直ぐに転がすためには、右手の甲を上に向け、さらに体を回転させなければならないことに気がつくことでしょう。

さらに“しぼり”だけではなく、右サイドから左足親指の付け根に踏み込む感覚、腰の回転、右ひざをボールにぶつけるようにクルッと回す感覚、さらに手がしぼれた分、左に振り抜いていく感覚、つまりインサイドインのスウィングプレーン・・・などなど、ほとんどのことはこの練習によって身につけることができます。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。