SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

U-18ワールドカップ初Vへ挑む日本代表。キーマンとなる抑え候補は?

今大会から球数制限を導入

8月30日に開幕する「第29回WBSC U-18ワールドカップ」。前回大会(2017年:隔年開催)を振り返ると、オープニングラウンド(R)でアメリカに0対4と苦杯。
安田尚憲(現ロッテ)、清宮幸太郎(現日ハム)の3・4番がノーヒットに抑え込まれ、得点を奪えなかった。

オープニンRは他の4試合を全勝し2位通過したが、次のスーパーRではカナダ、韓国に敗戦。3位決定戦で三浦銀二(現法大)の7回無失点という快投もあって8対1と完勝。銅メダルを獲得した。
大会を通じては現在ソフトバンクの田浦文丸がリリーフ投手としてベストナインに選ばれている。

今大会の特徴は、球数制限が導入されることだ。「①49球以下なら連投可能、②50~104球までは中1日、③最大105球(その打者まで投球可能)に達した場合は中4日が必要、④球数にかかわらず、3日続けて登板した場合は翌日の4連投は認められない」と規定されている。

したがって投手全員がキーマンといえるが、中でも飯塚脩人投手(習志野)は、終盤での起用が予想され、少ない点差を守りきるキーマンとなりそうだ。26日の対大学日本代表戦でも8・9回に登板し5三振を奪った。
習志野高校の大声援を背に、どんなシーンでも力を出し切るスタイルはまさに抑え向き。高校日本代表初Vの胴上げ投手となることも期待したい。

 

『がっつり! 甲子園2019』7月2日発売!

《注目ラインナップ》
令和元年の甲子園注目選手が丸分かり!!
■スペシャルインタビュー
及川雅貴(横浜高)、奥川恭伸(星稜高)、他
■令和の怪物は誰だ!?
■あれから一年…
100回目の夏を彩ったヒーローたちの現在地
■全国49地区夏の甲子園データベース
■全国要注目選手ガイド
■吉田輝星はやっぱり凄かった!
■「サイン伝達」問題から透けて見える高校野球の問題点
■終わらない議論。高校野球における球数制限問題
その他、注目トピックス満載!!

【書誌情報】
『がっつり! 甲子園2019』
令和の怪物は誰だ! ?
大注目の佐々木朗希(大船渡)を始め、奥川恭伸(星稜)、及川雅貴(横浜)、 西純矢(創志学園)など、逸材投手陣を徹底特集! ! さらに毎年見どころの「各県総力データ」や、甲子園にもうすぐ手が届く「悲願校」。 昨夏のスターたちの現在地など、高校野球ファンなら見逃せない情報満載の一冊! !