SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

足の指10本を持ち上げればボールとの距離が適正かどうかわかる【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

ボールとの距離をチェック

ダフリやトップのミスは、体とボールとの距離が大きく影響しています。たとえばボールに極端に近く立つ人は、重心が後ろに行きやすい状況が生まれていて、この状況からボールに当てに行くとまずダフリます。逆に言うと、打つ前からダフリそうな雰囲気が出ている人は、ボールに近すぎるわけです。一方、ボールから遠くていかにもクラブが届かなさそうに見える人は、当然のようにトップします。ですので、適正なボールとの距離がミスを防ぐ上ではとても重要です。

プロはその場で左右の足を交互に踏みしめ、バタバタさせることでボールとの間合いや距離が適正かどうかを判断していますが、アマチュアには構えた状態から、靴の中で足の指10本をポン!と浮かせる方法を勧めます。そうしたときに重心が後ろにいくようなら、ボールに近すぎるということですし、遠すぎる場合はそもそもが指を上げられません。指を上げても影響がなければ、正しい間合いで立てているということになります。斜面でも有効な方法なのでコースでも行ってください。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。