SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

シャフトをしならせる最大のコツとは【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

胸郭は左に動いても肩は開かない

シャフトのしなりによって戻ってきたクラブヘッドは、さらに加速していかなければなりません。加速するためには、体が開いてしまっていてはダメで、体を開かずに振ればクラブがどんどん加速します。この体が開かない動作を作るためにも、バッ クスイングが上がっている間に、胸郭が動くことによって、体はインパクトに向けて動いているけれども胸は開いていないという状態を作り出すことができます。この「ボディは動いているが肩が開かない」状態が作れると、クラブがより加速できます。いずれにしても、このクラブと体の連動を上手く使ってこないと、シャフトはいつまでたっても、しならないということを忘れないでください。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。