SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

自分でシャフトを倒すのは NG【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

【アマチュアに多い動作のエラー】インパクトで体が起き上がる

現在、私の本や動画を数多くの人に見ていただいていますが、それらを参考に練習に励んでいるみなさんが、一番できていないなと感じるのは「切り返しでシャフトを倒す」という動作です。切り返しで、トルクをもらえるように一生懸命取り組むのですが、シャフトが倒れるのは本来、自然な流れで起きる現象にもかかわらず、どうしても自分でこの動きを作りに行く人が多いのです。切り返しで脱力してクラブを倒そうとするときに、多くの方は体を起こして倒そうとしてしまいます。こういう人たちは本当に多くて「倒したら下から来ちゃうじゃないですか」とか「ダフってしまうんです」というリアクションが一番多いです。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。