SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バックスイング中に意識すべきポイントとは!?

Text:和田泰朗

バックスイング中、左腕はできるだけ伸ばし続ける

二点吊り子運動と回転運動が共存していれば、この過程でクラブは寝ても構いません。むしろ、寝かせたほうがいいくらいです。

基本はノーコックですが、手首の角度が小さくならないのが自然なので、腕とクラブでできる内角は、バックスイングからトップで90〜120度くらいになります。

また、バックスイング中に右ヒジを内側に絞る動きを安易に入れてはいけません。右ヒジを絞ると右前腕が右に回りはじめますが、こうなると右肩甲骨が下がります。右の肩甲骨が下がると、クラブの斜めの角度を保つことができず、ダウンスイングで胸郭(胸をとりまいている骨格)に対して肩甲骨が遅れて動けなくなります。

総じてバックスイング中は、できるだけ左腕を伸ばし続けます。トップはフラットでコンパクトになります。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。