SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレス時ヒジを目標方向に向けておくべき理由とは!?

Text:和田泰朗

内反ヒジの人は少し曲げてもいいので左ヒジを目標方向に向ける

日本人の場合、もともと腕が内側に反っている方がかなりの数いらっしゃいます。こういったヒジを内反ヒジといい、俗に〝猿手〟などとも呼ばれます。内反ヒジの方はグリップするとヒジが反りますが上腕部はそのまま。つまり前腕部が回っても上腕部が旋回しません。

これはスイングが振り子運動に誘導されやすい特性といえます。内反しやすい人は、振り子の原理にのっとってクラブをタテに持ちやすい。三角形をキープする目的でヒジを絞ろうものなら、内反がマックスになって回転運動ができません。

二点吊り子でクラブをヨコに持つと、内反の影響は最小限に抑えられます。それでも内反してしまう方は、少し曲げてもいいので左ヒジを外側(目標方向)に向けておきましょう。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。