SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アルコールと自律神経の深い関係とは!?【自律神経の話】

Text:小林弘幸

過度の飲酒は自律神経を乱す

アルコールを飲むとストレスがやわらぎ、心身の不調が解消されるという人もいますが、それは明らかな誤りです。

アルコールで意識が麻痺して「気分がいい」と錯覚するだけのこと。本当はアルコールの刺激で交感神経が過度に優位になり、自律神経はむしろ乱れる傾向にあります。

また、アルコールを多量に摂取すると体が脱水状態に陥ります。アルコールは肝臓で分解されますが、このとき同時に水分も消費されるのです。さらにアルコールが利尿作用を促し、飲むとトイレが近くなります。

したがって、お酒を飲めば飲むほど脱水が悪化し、血液からも水分がなくなり血はドロドロに。交感神経が優位のため血管が収縮し、ドロドロの血液が狭い血管を流れるので血流も悪くなってしまうのです。

飲みすぎた翌日の頭痛はこれが原因。末梢神経の血管に血流が行き渡らなくなるからです。気持ちが悪くなって吐くという現象も、消化器官の働きを促す副交感神経が極端に低下し、腸が麻痺したために起こります。

では、アルコールは絶対ダメかというと、適量なら気分をリラックスさせ、副交感神経を活性化する効果もあります。つまり、アルコールは飲みすぎず上手に付き合うのがコツ。

もし、ある程度の量を飲みたいときは、お酒 1 杯に対して水 1 杯を飲むようにするとよいでしょう。これで脱水や消化器官の麻痺を防ぐことができます。

 

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』
著:小林弘幸

シリーズ累計発行部数130万部突破!心身ともに健康であるために最も重要な『自律神経』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!メンタルとも深い関わりがあり、乱れていると身体の不調を感じる人も多く、これまでも注目を浴びてきた自律神経。人間の生命活動における働きの中で重要な“自律神経”とは、そもそもどういうものなのか、また、“乱れてしまう”と出てくる症状の話や、即効性もある超カンタンな整え方、さらに最近多い『ネットで自分の症状を調べると不安になる』という悩みの対処法まで、初心者にもわかりやすく、専門医が全て解説します。原因不明の頭痛、肩こり、腰痛、不眠、過呼吸、めまい、動悸、息切れ、吐き気、慢性的な倦怠感など、病院で検査しても血液検査は正常だし、原因がよくわからない…という不安を抱える人の症状の改善にも貢献できる一冊です。