SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

山田哲人はヤクルトの伝統である「根拠のあるスタート」を切っているから盗塁ができる!

盗塁を成功させるため、相手投手の癖やデータを収集する。

それは「ヤクルトの伝統」として継続されていることだと語る飯田哲也。

昨年、山田哲人がそれまでセ・リーグ記録を持っていた飯田哲也の記録を抜いて連続盗塁成功を38個まで伸ばせたのも、個人としての走塁技術に加えてチームとしての力もあるという。

だからこそ「成功できる根拠をもったスタート」が切れると語る。

そして、逆に無理に走る必要がない場面も分かるとのこと。